中身のない愚痴大会~電話が苦手なので電話をディスリまくってみる~

「中身のない愚痴大会~電話が苦手なので電話をディスリまくってみる~」と書かれた地味なアイキャッチ画像

こんにちは。甘抹らあです。絵と小説を描く人です。

みなさん、電話、使ってますか?

私は使っていません。

電話なんて大嫌いです。

どうしてあんなもので連絡を取ろうとするのか分かりません。

ということで今回は、日ごろの電話に対する鬱憤を書き連ねます。

電話派の方は気分を害すること請け合いなので、そっとブラウザバックしてください。

大丈夫そうでしょうか?

それでは始めます。

1.掛ける側の都合に依存する

まず何よりも、電話に出る方の都合が二の次になってしまいます。相手の都合を確認した上でなら話は別ですが、「電話の方が話が早いから!」といきなり掛けてくる人も一定数いますよね。特に電話に抵抗がない人はそうなりがちな気がします。でも、相手からしたら急にかかってきて、その時やっていたことを中断させられるわけなので、迷惑この上ないです。本当にやめてほしい。

2.音声だけで言葉を聞き取るのが困難

次に、ヒアリング&リスニング能力が試されます。耳から情報を取得するのが苦手な人間にしてみると、マジで何言ってんのか分からなくて困ります。特に周囲に雑音があったり、環境の都合で音が遠かったり、声が小さかったり、知らない単語がたくさん出てきたりすると……詰みますね。

3.表情が見えないので感情が伝わりにくい

また、表情が見えません。感情が伝わりにくいです。相手が何を期待して、どんな気持ちで喋っているのか。それが分からないと、会話しづらいと感じてしまいます。

表情だけでなく、ジェスチャーが見えないのも辛いですね。

4.記録(証拠)が残らない

これは特にお仕事をする際の話ですが、電話だと、何を話したのか一言一句正確に記録することができません。留守電機能やら録音やら使えば記録することもできるのかもしれませんが、膨大な音声データを取っておくのは容量がもったいないですし、後から必要なところを探すのも大変です。

5.論点がぼやけやすい

これは対面の会話でも同じことですが、その場その場で考えて話すので、結局何が言いたいのか分からなくなりがちです。雑談ならそれでもかまいません。でも、ちゃんとした話の場合、可能な限り文章化した方が伝わるだろうと思ってしまいます。

6.耳元で大きな声がするので怖い

あと私の場合、シンプルに音が怖いです。耳元で喋られるのが苦手。

7.呼び出し音が心臓に悪い

呼び出し音も怖いですよね。電話の呼び出し音が鳴るたびに寿命が縮んでいる気がします。

8.受話器が熱くなる

長電話すると、受話器が熱くなってしまいます。スマホの場合は熱暴走しないか不安です。

9.周りに聞かれる

話している内容が、それも自分のパートだけが、周囲の人に聞かれてしまいます。嫌です。メールやチャットなら周囲に聞かれずに連絡できるので、その方が良いなと思います。

対面の場合も、話す時の音量の調整がしやすかったり、場所の選択肢が豊富だったりするので、電話よりは周りの目が気にならずに済むのではないでしょうか。

10.なんかヤダ

最後に――なんかヤです。

ただの生理的な嫌悪感です。すみません。電話、ごめんね。ごめんね、電話。

以上、今回はまとめるほどの内容もないので、このまま終わりにします。

ここまで愚痴に付き合ってくださった方、ありがとうございました。

色々書いたけど、逆に電話じゃないと話しにくいんだよこのボケが!!! って人もいると思うので、そういう人とは個別に話し合って妥協点を見つけたいと思っています……。コミュニケーション難しい……。

甘抹らあの情報はこちら