【有料/無料】デジタルでお絵描きができるツールを紹介するよ!‐Photoshop、クリップスタジオ、メディバンペイントなど

こんにちは。甘抹らあです。絵と小説を描く人です。

今回は、パソコンで使えるお絵描きアプリを紹介してみます!

1.有料

1‐1.Adobe Photoshop

https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

私がいつも使っているものです。

Adobeのアプリで、Photoshop単体だと月額2728円。
Illustratorなど他のアプリも利用する場合は、おそらくコンプリートプランにするのが一番安くて、それは月額6480円です。
学生・教職員の方は、割引が使えてちょっと安くなります。
社会人の場合、デジハリ大に入学して学生プランを使う方が多いみたいです(伝聞情報)

あと、ブラックフライデーとかのセール時に買うと安くなるらしい。

Photoshopは画像編集アプリであって、お絵描きに特化したものではないため、使い慣れない状態だと「全然絵が描けない!」と感じるかもしれません。

でも、色々な出力形式に対応していたり、表現の幅が広かったり、様々な加工が施せたりして超絶便利なので、私は愛用しています。
あと、テキスト入力も他のアプリより圧倒的にやりやすい!

シェアが大きいため、少し調べるだけで簡単に使い方を知ることができるのも便利な点です。

使用画面はこんな感じ。ウィンドウの位置など、自分でカスタマイズできます。

1‐2.クリップスタジオ

https://www.clipstudio.net/ja/lineup/

Photoshopと並んでユーザーが多いお絵描きアプリ。
買い切り版と月額版があるみたいです。デバイスの種類や数、加入するプランによって価格が違うのですが、EXの場合は月額税込980円~、PROの場合は月額税込み480円~みたいです(2023年11月23日現在)。
Photoshopよりもかなり価格を抑えることができます。

漫画のアシスタント募集の案件を見ていると、クリスタが使えることを条件に上げているお仕事も多いので、使って損はないかもしれません。
Photoshopを使うのとどちらの方が良いのか(はたまた両方使うのか!?)、用途に合わせてご検討ください。

3Dモデルが利用できるなど、便利機能が満載らしいです。いいなあ。

私自身は、気になってはいるものの、実際に使うまではいかないかなーという感じです。

お金に余裕ができたら考えます。

1‐3.Procreate

https://procreate.com/jp

こちらもかなりユーザーさんが多い印象のアプリ。

Pocket(iPhone用)は買い切り900円、for iPadは買い切り2000円、Dreams(アニメーション制作用)は3000円とのことです。

友達と1‐2回お茶するのと変わらない金額で、買い切りで、これはかなり魅力的……!

え、買っちゃおうかな。

心が揺らいでいます。

使ったことないけど、面白そうです。

ただ、PC版は無いみたいなので、そこがネックですね。iPad持ってないんだよなあ。

2.無料版あり

2‐1.アイビスペイント

https://ibispaint.com/

スマホ絵師の強い味方、アイビスペイント!

どんどん多機能になっているみたいですね!

数年前にちょっとだけ使ってアンインストールしていた(スマホの容量がきつかった)のですが、この記事を書くにあたって、久々に使ってみました。

というか、今公式サイトを見たら、有料でWindows版(無料体験版なら1日1時間まで無料で利用可・買い切り版は3450円・サブスクリプションは準備中)がリリースされていてビックリしました! パソコンでも使えるようになったらしいです! すごいー!!

使用画面はこんな感じです。無料素材も豊富なので、スマホで気軽にお絵描きがしたい人におススメ!

2‐2.メディバンペイント

(↑公式サイトです。リンクを貼ろうとしたら、何故か強制的に埋め込みになってしまう…)

昔お世話になっていた、無料のお絵描きアプリです。スマホでもパソコンでも使えます。

お絵描きに必要な機能は一通りそろっているので、趣味で描く分には不便を感じません。

また、お絵描きに特化したアプリなので、Photoshopと違って最初からお絵描き専用の機能が充実しているのもありがたいところ。
直感的に操作できます。

2‐4.Fire Alpaca

https://firealpaca.com/ja/

MacとWindowsに対応している、フリーペイントツール。

存在は知っていたのですが、使ったことがなかったので、この記事を書くためにインストールしてみました。

シンプルな画面で使いやすいです。
イメージとしては、Windowsに最初から入っている既定のペイントアプリみたいな感じ。

使用画面はこうでした。
Pixivのアイコンをクリックすることで、どうやらPixiv Sketchに簡単に投稿できる模様。

ただ、なぜだか保存・書き出し等が私の環境ではうまくいかず……私は使わないかなと思っています。

皆さんの環境ではうまくいくかもしれないので、「あまりごちゃごちゃした画面は嫌だなあ」「多機能すぎても困るんだよなあ」という方は、ぜひ一度試してみてください。

2‐5.Adobe Fresco

https://www.adobe.com/jp/products/fresco.html

アナログの質感を再現できちゃう、Adobeの便利なお絵描きアプリ。
有料だけだと思い込んでいたら、どうも無料で使えるっぽいです。変わってたらごめんなさい。

正直言うと、現時点ではPhotoshopの方が使いやすいかな…と思います。
UIの問題なのか、なんとなく操作がしづらいです。

でもアニメーションが作れるところや、アナログの質感を再現できるところは本当に本当に凄いです!!!

以前、使い方を記事にまとめたので、よかったらあわせてご参照ください。

Adobe Frescoの使い方と使用感を徹底検証! ブラシの種類やレイヤー、できることについて。

こんにちは。甘抹らあです。絵と小説を描く人です。 今回は、Adobeが出しているお絵かきソフト“Adobe fresco”の紹介をしてみます! Adobe製品で絵を描いていらっしゃる方…

3.まとめ

以上、デジタルでお絵描きができるツールを紹介してみました。

  • 個人的に好きなのはPhotoshop
  • PCならPhotoshopかクリスタ
  • iPadならprocreate
  • お金をかけたくないならMedibang Paint
  • スマホだけでいいならアイビスペイント

という感じですかね。

ぜひ自分に合ったツールを探してみてください!

それではまた、一緒に頑張って&楽しんでいきましょう。

甘抹らあでした!

甘抹らあの情報はこちら